スケッチブックを選ぶ

ここではF6サイズのスケッチブックの特徴についてまとめてみました。

参考にしてみてください。

■アルシュ ブロック 300g 荒目

水彩紙の王様。約500年にわたって世界中で使われてきた100%コットン・中性の紙です。

フランス製。

300g 荒目 20枚 ブロックタイプ

水で濡らしてもほとんどたわみはありません、ランダムで自然な凹凸の紙目。

水はじきが強く、絵具が乾燥するとやや色が沈みます。

発色は大変良いです。にじみ方は自然にうまくのびます。

■アルシュ ブロック 185g 細目

100%コットンの中性紙。最高級水彩紙です。フランス製。

185g 細目 20枚 ブロックタイプ

紙目の凹凸がそれほどきつくはなく、使いやすい紙です。

値段が高いですが、最高の水彩紙です。

アルシュの細目は、一般水彩紙の中目に相当します。

他に極細目があります。

■ラングトン プレステージ 300g 中目

イギリス製の100%コットン、中性の高級水彩紙です。

高級水彩紙ラングトンの中でも最高級品のプレステージです。

300g 中目 12枚 ブロックタイプ

下記のパルプ製の中目より荒い紙肌です。

たっぷりと水を使った描き方でも波うちは起きにくい。

強靭な紙肌の紙で、にじみ・吸い込み共にすばらしい。

発色は大変良いです。

アルシュより値段が手頃で使いやすい。

■ラングトン 300g 中目

イギリス製のパルプ100%の中性の高級水彩紙です。

300g 中目 12枚 スパイラルタイプ

プレステージと同様、強靭な紙肌の画紙で、水をたっぷり使って描いても波うちは起こしにくい。白く発色の大変良い紙です。大変使いやすい紙です。

ウェットインウェット、バックラン、リフティング等の技法も楽に使えます。発色はプレステージよりは劣りますが、大変良いです。

■ホワイトワトソン 239g 

日本製の中性水彩紙です。ナチュラル色のワトソン紙を白くした紙なのですが、ワトソン紙と比べると紙の目もソフトでざらつき感もなく絵具の乗りも良く、非常に描きやすい紙です。

239g 15枚 スパイラルタイプ

発色も問題なく良いです。練習に使うには最適な紙だと思います。値段も手頃です。

190gから波うちの起きにくい239gになりました。

■ホワイトワトソン 300g

日本製の中性紙ホワイトワトソンのブロックタイプです。

300g 15枚 ブロックタイプ

ブロックタイプは300gと紙厚が厚く、水をたっぷり使った描き方でも波うつ心配はありません。発色は大変良い紙です。

■ワトソン 239g 

日本製の代表的な水彩紙です。表紙が新しくなりました。

239g 15枚 スパイラルタイプ

黄味を帯びていてざらつき感が強いのが特徴です。パルプ・コットンの混合で作られており強靭な紙面を持つ。消しゴムにも強く、デッサン・スケッチ等にも最適。絵具やチャコール・パステルの乗りが良い。特に水彩絵具の発色は良い。水をはじくので細かく描くよりは、ざっと描く方が向いている。

190gから波うちの起きにくい239gになりました。

■ワトソン・ホワイトワトソン 239g

ワトソンの239g を使用したスケッチブック

紙の質は190gと同様、紙の厚さが増したことで

描画中の波打ちを抑えることができます。

アイボリーのワトソン と ホワイトのホワイトワトソン の2種類で展開中

 

190gが廃番となり 239gだけになりました。

■ヴィファール 242g 中目

日本製の中性水彩紙で、安く使ってもらうことを目的に作られた画紙です。

242g 中目 スパイラルタイプ

紙の強度はあまりないため、マスキング等の使用には向きません。

淡彩スケッチ用として使うのが良いかもしれません。

コストパフォーマンスに優れたスケッチブックです。

旧 COTMAN(コットマン)です。表紙の色は同じです。

■ヴィファール 242g 中目

■ヴィファール 300g 中目

「ヴィファール」に300gが新登場

いままで242gで展開していた ヴィファールですがこの度300gが仲間に加わりました。

なれた紙質で更なる技術の向上を目指してみましょう。

300gになっことで 描画中の波うちを抑える事が出来ます。

また、水を多く使った描き方にも挑戦できるでしょう。

 

※中目のみの展開のVifArt(ヴィファール)300g ですが

 今までの中目(緑表紙の242gの物)と比べると やや荒い感じです。

 中目と荒目の中間という感じです。

■ワーグマン 350g 中目/細目

日本製パルプ100%の水彩紙。紙厚が350gと厚めで表が中目、裏が細目と両面使える画紙です。

350g 中目/細目 15枚 天糊タイプ

紙質は白く硬い、発色も悪くなくリフトも容易に出来ます。全体的にカチッとした紙肌です。

350gあるので水張りしなくてもほぼ大丈夫です。

表裏使えますが、表の中目の方が目も独特で面白い。

2014年1月に仕様変更しました。ただ、中身の紙は変更していません。

表紙のデザイン、枚数、製本の仕様が変更しました。

■モンバルキャンソン 300g 中目

中性の水彩画紙で水に強く描画後も波うちの少ない理想の画紙です。

300g 中目 15枚 スパイラルタイプ

ナチュラルホワイトで発色が非常に良い紙です。

■クレスター 210g 中目

コットン繊維とパルプを原料として、モールド製法によって自然に目がつんだ紙肌で作られた水彩紙。水彩画・パステル・色鉛筆にも効果的に使えます。

ナチュラルホワイトの紙なので色合いは落ち着いた感じになります。

吸い込みの良さを利用した描き方がおすすめです。

■アルビレオ 218g 中目

100%良質パルプの高級水彩紙。表面が強く、絵具の発色が良い。やや吸い込みを抑えてあり、水彩絵具やカラーインクで塗りムラのない彩色を必要とする作品に効果を発揮します。水の吸い込みが抑えてあるので、広い水面や空などを表現するのに大変便利な紙です。

表面が強いので一度塗った絵具に水をつけて取り除くことが出来ます。

218g 中目 20枚 スパイラルタイプ